読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺が選ぶ。本当に作って良かった神キーボード1選

タイトルは釣りです。 特に意味はありません。

Massdrop でキーキャップ買った

ErgoDox PBT DCS Keycaps - Massdrop

Ergodox を組み立ててみた もののキーキャップが、まだなかったので、 Massdrop で共同購入できるみたいだったので注文してみた。 なので、ちょっと時間かかったけど、先日届いたのでキーキャップをつけてみた。

Ergodox を軽く使ってみての感想

キー配列は、 コンパイル済みのバイナリ を、そのまま使っているので、 デフォルトの設定のまま使ってみることにした。 この辺、デフォルトのままにしておく方が、新しい発見とかありそうな気がするので。

でも、まあ基本的なところは、Kinesisコンタードアドバンテージと似た感じかなと。

僕は、個別にパーツを集めて作ってみましたが、 Massdrop で、ちょいちょい パーツ一式を共同購入できたりするみたいなので、そういった経路で購入すると コストも抑えられるし、気になった人は作ってみると良いと思います。

参考リンク

ASUS U24E のキーボードをUS配列のものに換装してみた

ASUS U24E を使っていて、11インチという小型なノートパソコンに、 JIS配列のキーボードだからか、記号のキーが小さくなってたりして、 結構使いづらかったので、USキーボードにできないかと思って、 ググってみたところ、 2ちゃんねるキーボードモジュール売ってるところ が書かれていたので、 そこでUSキーボードのモジュールを買って、付け替えてみた。

f:id:cd01:20131123130559j:plain

付け替えただけだと、中身はJIS配列のままなので、 PowerShellレジストリ書き換えて、US配列に変更した。

$item = "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters"
Set-ItemProperty $item -name "LayerDriver JPN" -value "kbd101.dll"
Set-ItemProperty $item -name OverrideKeyboardIdentifier -value "PCAT_101KEY"
Set-ItemProperty $item -name OverrideKeyboardSubtype -value 0
Set-ItemProperty $item -name OverrideKeyboardType -value 7
Restart-Computer

f:id:cd01:20131123132842j:plain

アンダースコアとかのキーが小さくて、ミスタイプが多かったけど、押しやすくなって便利。

オープンソースなキーボード Ergodox を組み立ててみた

f:id:cd01:20131120174839j:plain

Open Source Hardware

Arduino や Raspberry Pi みたいに、オープンソースなハードウェアがいろいろと出ている (僕が知らないだけで、結構前からあったんだろうけど)
オープンソースなソフトウェアでも、コマンドラインツールだったりするとプログラマの人でも、 慣れていないと使えなかったりするけど、非常に便利なものばかりで使えないのは、もったいないなと思う。
オープンソースなソフトウェアと同様に、オープンソースなハードウェアを使えないのも、 もったいないし、巨人の肩に乗れていない感あるなあと思う。
なので、何かでオープンソースハードウェアに入門しておきたいなあと思った。

Ergodox

中学校の技術の授業でラジオ作ったりしたけど、 普段使いできるような感じじゃなかったし、 どうせ作るなら、ちゃんと使うものにしたいなあと思い、 Ergodox というキーボードが良いなあと思ったので、 パーツを集めて組み立ててみた。

まだ、キーキャップがないけど、キー入力はできるようになったので、一応、完成した感じ。
一応完成したので、あとでキーキャップ買って、はめれば使えるようになるので、 しばらくしたら、使ってみようと思う。 (追記:キーキャップ買った

ErgoDox.org - Home Page

Parts

部品類は、このあたりで調達

Assemble

組み立ては、この辺を参考にした。

おいくら万円?

製作費? 知らない子ですね。

See Also

Kinesis コンタードアドバンテージ が Windows7 のUSB3.0で動作しない件

タイトルそのままだけど、日本語で情報が全然見当たらなかったので書く。

Windows7USB3.0しか付いていないノートPCで、Kinesis Contoured Advantage を使おうとしたら、全然動かなくて困った。
はい、こういうときは、まず公式ページですね。

Advantage keyboard won't work with USB 3.0 ports

Windows7以外だと、ちゃんと動くので、Windows7インテルUSB3.0のドライバが、おかしいんではないのか?ということみたいです。

対応策

じゃあ、どうすればいいのかというと

  • インテル(の対応)マッテル
  • USB 2.0 が付いているパソコンを使う
  • Windows7 を捨てて、LinuxMacWindows8.1 などに乗り換える
  • テクニカルサポートに相談(エジクン技研から買った人は、そっちでも対応してくれそう)

といったところでしょうか。
よくある質問に書いてないので、あえて内容は書きませんが、 エジクン技研に聞いたら、応急処置的なものはあるみたいです。

追記

Will the Kinesis Advantage work on my Windows 7 USB 3 laptop? も参考にして、このエントリを書いたはずだったけど、見落としていたので追記。

詳細はリンク先を読んでほしいのですが、キーボードからPS/2で出力するようにして、 その先で、USBに変換するコネクタにつないでから、パソコン側のUSB3.0のポートに 接続すれば、対処療法的には使えるようになりますよということみたいですね。

面倒なので、僕はドライバ側で、なんとかしてほしいので待ちます。 (とか言っているうちに Windows7 を使わなくなりました)

そこそこ最近の Vimperator でも、<C-v> で IGNOREする

と思ったら、

と教えてもらいました。
<C-v> で IGNORE モードに入り、次に打つキーで、
Vimperator のキーバインドを無視すればいいんですね。
が、どうも <C-v> が効いていない様子・・・
<C-v> が効かないと Tweet したら、

i でできるということを教えてもらいました。
これで、NORMAL モードで、 i<C-a> でテキストを全て選択できますね。

ただ、できれば、 TEXTAREA や INPUT にフォーカスが合っているときにも、
テキストを全て選択したいことが結構あるので、 INSERT モードでも、
似たようなことがしたいところです。
でも、 i<C-a> を押すと、そのまま入力されてしまいます。

<C-v> は何故効かないのかなあと思ったら、

というような感じっぽいです。
ググると結構、 <C-v> で IGNORE できるような記述を見つけたので、
以前は、そうだったんだろうなあと思います。

それでも、 <C-v> で IGNORE したいと思い、 @ebith さんに教えてもらった
Vimperator で i を設定しているところ を参考にして、 ~/.vimperatorrc に下記のように記述し、
自分の環境では、 <C-v> で IGNORE できるようになりました。

js<<EOM
    mappings.add(
        [modes.NORMAL, modes.INSERT],
        ["<C-v>"], "Ignore next key and send it directly to the webpage",
        function () { modes.passNextKey = true; }
    );
EOM 

特に注があるものを除いて、このサイトの内容物は Creative Commons Licence 表示 - 非営利 - 継承 2.1 のもとでライセンスされています。

© 2015 cd01